中国の車載電池最大手の寧徳時代新能源科技(CATL)が海外子会社の債券発行限度額を大幅に引き上げ、注目を集めている。

深圳証券取引所に上場する同社は4月13日、それまで8億ドル(約859億円)だった海外債券の限度額を30億ドル(約3220億円)に増やし、発行主体となる海外子会社に対して中国本社が債務保証を提供すると発表した。限度額いっぱいの債券を発行した場合、国内外の子会社に対する同社の債務保証は総額316億4000万元(約4790億円)に達する可能性がある。これは同社の純資産の96%に相当し、状況次第では財務健全性への不安を招きかねない。

深圳証券取引所は4月15日、限度額引き上げの理由と合理性を説明するようCATLに要請。これに対して同社は、取引所への回答書を4月17日に開示した。それによれば、限度額引き上げは海外業務の拡大に対応するため。合理性については、同社の借入先が中国国内の金融機関に集中しており、海外業務への十分なサポートが難しいためだと説明した。

CATLは初の海外工場をドイツに建設中で、その建設資金と操業開始後の運転資金の調達を急いでいる。同社の取締役会は2018年7月、欧州の新工場プロジェクトに2億4000万ユーロ(約279億円)を投じる計画を承認。19年6月には投資計画の上限額を18億ユーロ(約2095億円)に引き上げていた。

(財新記者:鄭麗純、原文は4月18日配信)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。
プラス会員(有料)にお申し込みいただくと
下記のサービスがご利用いただけます。
  • 『週刊東洋経済』の最新号を先読みできる
  • 1000冊以上の豊富なアーカイブを読める
  • 雑誌誌面のイメージでも記事を読める
  • 限定セミナーにご招待