中国政府が5月12日に発表した4月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で3.3%上昇したものの、前月より1.0ポイント低下。財新が調査したアナリスト予想の平均値(3.6%)を下回った。生産者物価指数(PPI)は前年同月比3.1%下落し、下落幅が前月より1.6ポイント拡大、2016年5月以来の最低値を記録した。

CPIの上昇率が鈍化したのは、食品価格の値上がりがピークを過ぎた影響が大きい。「コロナ後」の物流の回復や気温の上昇を受け、4月の生鮮食品価格は前年同月比14.8%の上昇と、値上がり幅が前月より3.5ポイント縮小した。中でも食品価格を大きく押し上げていた豚肉は、生産力の回復による供給増加で前年同月比の値上がり幅がついに100%を下回った(訳注:中国では18年からのアフリカ豚コレラの流行で豚肉の生産力が大幅に低下していた)。

食料とエネルギーを除いたコアCPIは前年同月比1.1%の上昇にとどまり、前月より0.1ポイント低下した。これは「コロナ後」の非食品の消費回復が遅れている現実を反映している。

PPIに目を移すと、4月に大きく低下したのは国際原油相場が史上初のマイナス値を記録するなどコモディティー価格が急落した影響が大きい。だが一時的な上下はあっても、工業セクターのデフレ圧力は弱まらないとの見方が少なくない。

(財新記者:沈凡、原文の配信は5月12日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。
プラス会員(有料)にお申し込みいただくと
下記のサービスがご利用いただけます。
  • 『週刊東洋経済』の最新号を先読みできる
  • 1000冊以上の豊富なアーカイブを読める
  • 雑誌誌面のイメージでも記事を読める
  • 限定セミナーにご招待