5月11日に発表された4月の新車販売台数は前年同月比4.4%増の207万台。月間販売台数が22カ月ぶりにプラスになった。とはいえ先行きを楽観するのは早い。昨年4月は、一部の省や直轄市で同年7月から排ガス規制が強化される影響を見極めようと、多くの消費者が新車を買い控えていた一方、今年4月は中国国内の新型コロナウイルスの流行が落ち着き、2~3月に我慢を強いられていた潜在需要が「解放」されたからだ。

車種別では乗用車よりも商用車が好調で、4月の商用車販売台数は前年同月比31.6%増の53万4000台と過去最高水準に。中でも大型トラックは19万1000台と(中国政府の公共インフラ投資拡大などを追い風に)同61.0%も増加した。

一方、乗用車の販売台数は前年同月比2.6%減の153万6000台で、プラスに転じるには至らなかった。注目すべきなのは、外資系合弁メーカーのブランドと中国独自のブランドで明暗が分かれたことだ。ドイツ系や日系のブランドが市場シェアを伸ばす中、中国ブランドの4月のシェアは34.6%と2014年7月以来の最低値を記録した。

問題は国外での新型コロナ流行の影響だ。中国汽車工業協会の許海東氏は、流行が落ち着けば今年の新車販売台数は前年比15%の減少で済むが、流行が長期化すれば同25%減少すると予想する。

(財新記者:鄭麗純、原文の配信は5月11日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。
プラス会員(有料)にお申し込みいただくと
下記のサービスがご利用いただけます。
  • 『週刊東洋経済』の最新号を先読みできる
  • 1000冊以上の豊富なアーカイブを読める
  • 雑誌誌面のイメージでも記事を読める
  • 限定セミナーにご招待