花巻市は岩手県の中西部に位置する、人口約9万5000人の街である。街の北東端には北上山地の最高峰、早池峰(はやちね)山がそびえ、中央部を東北地方では最大の河川である北上川が流れる。この街は北上市とともに北上都市圏を構成する、県内有数の街である。

交通の便は申し分ない。東北新幹線新花巻駅から東京駅までは約2時間30分強。東北自動車道が市内を縦断し、海のある釜石方面や秋田方面につながる東北横断自動車道もある。空の玄関・いわて花巻空港は大阪の伊丹、愛知の小牧、北海道の新千歳および福岡空港に定期便が飛び、国際線は台北と上海に週2便が運航する。市中からも近く、花巻駅から車で約10分程度だ。

花巻を語るに当たって外せない存在が宮沢賢治である。日本を代表する詩人・童話作家の宮沢賢治はこの街で生まれた。彼は作品中で理想郷をイーハトーブと名付けたが、これは故郷である岩手県をモチーフにしたとされている。