世界銀行は2030年までに2つの目標を設定している。1つ目は、1日当たり1.90ドル以下で生活している人々の割合を3%以下にするという、極度の貧困の撲滅。2つ目は、各国の所得下位40%の人々の所得を引き上げ、繁栄の共有を促すことである。

この2つの目標を達成するために世界銀行は教育、保健、インフラ、金融・民間セクター開発などの幅広い手段に着目し、これらが改善されるように途上国へ低利貸し付けや無利子融資、贈与を提供してきた。加えて近年は、「グローバル・バリュー・チェーン(GVC)」に基づく貿易による開発促進に注力している。

GVCとは国際分業の一形態だ。生産プロセスを工程・タスク単位で分割し、国境を超えて異なる地域に生産ネットワークを分散させる試みである。GVCに参画する企業は、質の高い製品を提供するために技術革新を行い、生産性を向上させる。

世界銀行の報告によると、15年になされた全世界の貿易の50%以上がGVCに関係していた。GVC内で発注者と請負者が長期的な関係を結ぶことができれば、安定した需要と収入を得られる可能性が高い。途上国の中小企業がGVCに参入すると経済発展や雇用拡大などが起こり、貧困の削減につながる可能性が高いと考えられている。

今年、世界銀行から発表された報告書「世界開発報告(WDR)2020:グローバル・バリュー・チェーン時代の貿易による開発促進」ではGVCに後押しされた経済改革により、途上国は開発のはしごを短期間で上ることができると見込んでいる。