1973年10月に行われた田中角栄首相とソ連のブレジネフ共産党書記長の会談の極秘記録が出回っている。それに基づく記事が、5月6日の朝日新聞朝刊に掲載された。〈日本政府が北方領土交渉の基本方針とする「四島の帰属の問題を解決して平和条約を締結」を口頭で確認した、1973年10月の日ソ首脳会談の極秘議事録が見つかった。当時ソ連を訪れた田中角栄首相が、領土問題の議論に応じないブレジネフ書記長から、共同声明案の文言に領土問題が含まれるとの認識を引き出す様子が詳細に記されていた。/外務省でソ連を担当していた東欧1課が作成した文書「田中総理訪ソ会談記録」で、「極秘 無期限」と記載。当時副総理だった三木武夫元首相が保管しており、死後母校の明治大学に寄贈された文書の中にあった。73年の日ソ首脳会談の議事録全体が明らかになったのは初めてだ〉(5月6日付朝日新聞朝刊)。