あおき・たかひろ 1970年、東京都出身。93年法政大学法学部卒業、電通入社。主にラジオ領域の業務に従事。11年、電通のほか多くのラジオ局が出資するradiko設立と同時に出向。業務推進室長を経て、17年6月から現職。(撮影:尾形文繁)
スマートフォンなどでラジオを聴くことのできるサービス「radiko(ラジコ)」。開始から10年、有料会員数を着実に積み上げ、縮小が続いていたラジオ広告市場の下げ止まりにも貢献している。新型コロナウイルスが猛威を振るう今、次なる戦略をどう描くか。ラジコの青木貴博社長に聞いた。

──新型コロナの感染拡大はラジコにどう影響していますか。

在宅勤務中に聴く人が多いためか、3月以降は日中の利用が増えている。4月の月間ユーザー数は2月と比べ2割増の910万人だった。月額350円で全国の番組が聴き放題になるプレミアム会員も70万人と、順調に拡大している。(コロナ後も)このまま伸びていくことを期待する。

米アマゾンなどが展開するスマートスピーカーの普及も好機と捉え、当面は月間ユーザー数を1000万人まで引き上げることを目指す。ラジコのユーザーが増えればラジオ広告の価値も上がり、広告主の出稿意欲は高まるはずだ。

──「Voicy(ボイシー)」など競合も台頭しています。