むらた・おさむ 1955年生まれ。80年関西学院大学経済学部卒業。85年同大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。88年経済学博士。96年同大学経済学部教授。2002年教務部長、09年経済学部長、12年高等教育推進センター長を経て14年から現職。

──2021年に三田(さんだ)キャンパス(兵庫県三田市)の学部を再編し5学部体制にする狙いは?

本学は社会科学系が強く、理系は三田キャンパスの理工学部1つしかなかった。AIの活用や論理的思考ができる人材が求められている中、理系を充実させなくてはこれからの時代に対応できないと考えた。

三田キャンパスには理工学部のほかに分野横断的に学ぶ総合政策学部がある。再編により開設される理学部、工学部、生命環境学部、建築学部と合わせ文理横断型のキャンパスにしていきたい。

──文理横断の学びはどのように実現させていくのですか。