関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)を筆頭に有力私大がひしめく関西。18歳人口が減る中、各大学とも積極的に改革を進める。

中でも目立つのは立命館大学だ。注目は2019年新設のグローバル教養学部。最大の特徴は、オーストラリア国立大学(ANU)と提携し、4年間でANUのアジア太平洋学、立命館のグローバル教養学の2つの学位を取得できること。金山勉・グローバル教養学部長が「立命館が次の高みに行くために、願ってもないパートナー」と話すとおり、ANUはQS世界大学ランキング29位の有力大学だ。

立命館の大阪いばらきキャンパスはサッポロビール工場跡地に開設

日本と豪州で始まる2つのプログラムがあり、1学年100人のうち立命館側でスタートするのは90人。1~2年生は立命館、3年生はANU、4年生は立命館で学ぶ。実際に豪州に行くのは1年間だが、2年生のときはANUから派遣された教員が立命館で教えるため、ANUにいるのに近い学習環境となる。豪州で始める10人は2、3年次に日本で学ぶ。

カリキュラムの特徴は、リベラル・アーツを英語で学ぶこと。1つの科目を、講義と、少人数で演習をするチュートリアルとで週2回学ぶ、密度の高い内容だ。「科目数を厳選する分、授業の事前・事後学習も含めて1つの科目をしっかり学んでもらう。豪州や米国などと同等の国際標準のカリキュラムだ」(金山学部長)。

京都が地盤の立命館だが、同学部は15年に新設した大阪いばらきキャンパスにある。同キャンパスは大阪府内、京都の双方からのアクセスがよい。学生寮では日本人学生と留学生が交流できる。