新型コロナウイルスをめぐり、トランプ大統領の中国批判が再燃している(AP/アフロ)

トランプ政権は新型コロナウイルス対応で批判にさらされ、これまで以上に中国たたきに熱を上げている。責任回避に加え、中国経済の回復を遅らせるためだ。トランプ大統領はこれまでも中国を目の敵にしてきたが、今年初めには米中貿易交渉の「第1弾合意」が成立し、中国のコロナ対応を繰り返し称賛するといった雪解けの兆しも見られた。ところがここにきて米政府は、再び中国を「最大の敵国」に仕立て上げている。

トランプ氏が中国に激怒しているのは明らかだ。中国はコロナの封じ込めに失敗し、感染拡大を隠蔽しようとした、というわけである。ポンペオ国務長官は、ワクチン研究に必要なウイルスのサンプルを提供しなかったとして中国を公然と批判。中国のせいで何十万人という死者が出たと責め立てた。ポンペオ氏らは武漢の研究所でウイルスが流出したことを示す「多くの証拠」を握っていると主張するが、米情報当局は「(ウイルスは)人工でも遺伝子操作されたものでもない」と結論づけた。中国国営メディアはポンペオ氏を「人類共通の敵」と呼んでやり返した。