世界では毎年900万人が餓死、もしくは飢餓に関連した病気で死んでいる。オーストリアの人口に匹敵する人数だ。これだけでも十分に悲劇といえるのに、新型コロナウイルスによる食料供給の混乱で、その数は今年倍増するおそれがある。国際社会は直ちに行動を起こすべきだ。

国連世界食糧計画(WFP)は、コロナ禍で飢餓が深刻化するおそれがある国として26カ国を挙げる。アフリカではエチオピア、ナイジェリア、モザンビークがとくに厳しい。WFPの推計によれば、慢性的な飢餓状態に置かれている人々は、この3カ国だけで5600万人(人口の約16%)に達する。

コロナは食料確保の面で貧困国に大きく4つの問題をもたらした。

まず各世帯の所得が下がり、食べ物にますます手が届かなくなったことだ。バングラデシュの世帯調査によれば、貧困層の所得はすでに7割も落ちており、半数近くの世帯が食事の量を減らしている。