「5月は家賃を遅れずに払えるだろうか、従業員の皆さんにお給料を払えるだろうかと、今はそのことで頭がいっぱい」。東京都練馬区にある創業40年の老舗「らーめん太陽」。5月上旬、数人しか客のいない店内を見渡しながら、店主はつぶやいた。

1杯480円という安さにもかかわらず、煮干しベースで丹念に作り込まれた和風ラーメンは地元の人々に大人気で、お昼時は勤め人や近所の大学の学生たちでごった返してきた。

しかし新型コロナウイルスの感染拡大で事態は一変した。客足は遠のき「1時間に1人という時間帯も出てきた」(店主)。3月の売上高は前年同月比で3割減、緊急事態宣言が発令された4月に5割以上の減収が確定的になると、資金繰りが一気に悪化した。

「家賃は毎月必ず25日に振り込んできたのに、4月は3日遅れて28日になってしまった。従業員にお支払いする給料分の資金が足りなくなったので、学生アルバイトの方々に先にお支払いし、ほかの方には少し待ってもらった」(店主)。ギョーザのテイクアウトを始めるなど、少しでも売上高を増やそうと必死だ。

店主が命を絶った店も

らーめん太陽の店主には気になっていることがある。同じ練馬区にある老舗とんかつ屋「まるとし」の店主が焼身自殺をしたのだ。「まじめな方で、商店街の理事もしていたと聞いている。先が見えずに、苦しかったのではないだろうか」。