緊急事態宣言は残る8都道府県も5月中に解除が判断されそうだ。ワクチンや特効薬ができるまでは、新型コロナウイルスに付き合わざるをえない。最近気になるのは、「かつてない危機」といったフレーズが繰り返され、不安とストレスが広がると、極端な解決策を志向しがちになることだ。

例えば、ネット上には「ロックダウンをしていない日本は危うい」という主旨のコメントがあふれている。感染が広がり始めた3月から2カ月が経っても、日本は欧米と比べて人口対比の死者数が2桁少ないにもかかわらずだ。

ロックダウンをした海外の都市では人けの少ない街で銃を携えた警察官の姿が目立ち、ごく普通の人々が外出禁止令に抗議したとして逮捕されている。冷静に考えれば、自由と民主主義の国にあっては決して望ましいことではない。