おおの・ひでお 1954年生まれ。東大工学部電子工学科卒業、同大大学院工学系研究科博士課程修了。94年から東北大工学部教授。同大スピントロニクス学術連携研究教育センター長などを経て、18年から現職。専門は半導体物理、半導体工学、スピントロニクス。

──英THEの世界大学ランキングで、国内首位になりました。

教職員、学生諸君とも、うれしく受け止めている。分野別に見ると、研究者の評判調査や企業人事の評価から算出される「教育成果」が100のうち96.6スコアと高評価だった。

113年の歴史の中でずっと「研究第一主義」を掲げてきた。とくに材料科学、スピントロニクス、災害科学、未来型医療の4分野は、世界に通用するレベルといえる。現在は、新型コロナウイルスの影響で学内での実験が制限された状態にあるが、コロナ後を見据えて何とか発展させたい。