原油価格は歴史的なマイナス価格をつけ、それに関連した金融商品にも影響が出ている(ロイター/アフロ)

4月に原油先物市場がマイナス価格をつける中、4月30日の東京市場で一時ストップ高となった原油関連の金融商品があった。

その商品は、野村グループが発行する、東京証券取引所上場の「NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油ダブル・ブルETN」(原油ダブル・ブルETN)。ETN(上場投資証券)は株価指数や商品相場などの指標に価格が連動する。債券としての性質を持ちつつ、株式のように取引所で売買できるのが特徴だ。

この商品の価格は、東京商品取引所が算出する「日経・東商取原油レバレッジ指数」の騰落率に連動する。同指数は、ドバイ原油価格や現物・先物の市場規模などを基に算出される「日経・東商取原油指数」の日々の騰落率の2倍となるように設計され、値動きが激しくリスクが高い分、うまくいけば短期間で高い投資リターンを狙うことができる。

原油価格の歴史的な下落に伴い、原油ダブル・ブルETNの価格も大きく下落した。直近最安値は4月28日の134円。1月8日につけた年初来高値1746円の10分の1以下だ。