強い国家の暴走に危機感、社会はどうすれば制御可能か
評者/BNPパリバ証券経済調査本部長 河野龍太郎

『自由の命運 国家、社会、そして狭い回廊』ダロン・アセモグル、ジェイムズA・ロビンソン 著/櫻井祐子 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

[Profile]Daron Acemoglu/米マサチューセッツ工科大学教授。専門は政治経済学、経済発展、成長理論など。ジョン・ベイツ・クラーク賞など受賞多数。共著に『マクロ経済学』など。

[Profile]James A. Robinson/米シカゴ大学公共政策大学院教授。専門は政治経済学と比較政治学、経済発展と政治発展。新興国での実証研究も。共編著に『歴史は実験できるのか』など。

「万人の万人に対する闘争」を終結させるには怪物リヴァイアサンたる中央集権国家を受け入れるしかない。そう説いたのは内戦の渦中にあった英国のホッブズだ。ただ、その国家が収奪的では、経済成長はおぼつかない。

世界的ベストセラーとなった著者らの前著『国家はなぜ衰退するのか』では、リベラル民主主義と自由な市場経済の組み合わせが長期的な経済成長を可能にすると結論された。しかし、そうした制度を持つ国は極めて少数だ。本書は、リベラル民主主義国家の条件を人類の歴史から探る。

自由主義者は、国権の強化を恐れる。ただ、国家が弱ければ社会は安定しない。諸問題の解決には官僚や実業家などエリートが支える強い国家が必要だが、同時に人々の政治参加によるエリート制御も不可欠だ。リヴァイアサンに足かせをはめた場合のみ、リベラル民主主義を確立できる。

アフリカなど部族闘争が続き国家が機能しないリヴァイアサン不在地域。そこでは、社会が専横的な権力を恐れ、中央集権化を阻害する。人々は他部族への隷属を避けるため、同族の有力者に服従せざるをえない。興味深いことにインドは、人々の政治参加の長い歴史を持つが、カースト制が強固な規範の檻(おり)を生み、社会は分裂したままで十分な統治能力を醸成できない。

国家なき社会からの脱却は秩序をもたらし規範の檻を緩めるが、国民から収奪する専横的なリヴァイアサン国家となりがちだ。伝統的に人々の政治参加を排除してきた中国では、エリートに足かせをはめるのは難しく、リベラル民主主義の育成は容易ではない。

衝撃的なのは、リヴァイアサンに足かせをはめればそれで安泰、というわけではない点だ。大きなショックで足かせが外れると、リベラル民主主義が維持不能となる。

本書の執筆動機には、格差拡大、金権政治の横行、そして既存の政治エリートへの失望から社会の分断が進む米国で、国家が暴走するのではないか、という強い危機感がある。実際、大恐慌はワイマール憲法下で最も民主的だったドイツを全体主義に転落させた。エリートが自らの権益に固執し、不安定な立場に置かれた労働者が独裁の道を選択した。

ただ、望みはある。同時期のスウェーデンは、所得再分配を進めただけでなく、政治参加を広げ、社会民主主義に向かった。今回のパンデミック危機を乗り切るため、強い国家が不可欠だが、同時に社会が制御能力を高めていかなければ、やがて各国でリヴァイアサンが暴れ出す。