(spukkato / PIXTA)

医薬品業界では、新型コロナウイルスの治療薬やワクチンを開発する企業に収益拡大の期待が高まる。5月7日、米ギリアド・サイエンシズの「レムデシビル」が厚生労働省から治療薬としての承認を得た。一般的に、医薬品の承認審査は1年程度かかるものだが、レムデシビルは申請からわずか3日の超スピード承認だった。

[KEYWORD]ワクチン
感染症の予防に用いる医薬品。接種することでウイルスや細菌に対する免疫(抵抗力)をつくり出し、病気になりにくくする。ウイルスの封じ込めに不可欠。世界中で開発が進む中、国内企業も乗り出した。

感染症の治療薬やワクチンは、流行が早期に収束すると開発コストを回収できないおそれがある。しかし、今回は、世界的な感染拡大が長期化しているため、国内企業の参入も相次ぎ、開発が急ピッチで進められている。