(つむぎ/PIXTA)

苦戦していたスーパーマーケット業界がコロナ禍の影響で息を吹き返しつつある。

スーパーはここ数年、食品を強化するコンビニエンスストアやドラッグストアとの競争が激化。「消費者の低価格志向が強まり、スーパーは価格を中心にした販売合戦を繰り広げていた」(北海道を地盤とするアークスの横山清社長)。そこに昨秋以降、台風などの天候不順や消費増税による消費者の購買意欲低下が、逆風として吹きつけた。

全国スーパーマーケット協会が270社を対象にした調査によると、全国スーパーの既存店売上高は今年1月まで15カ月連続で前年同月を下回っていた。

ところが、コロナ禍で外出自粛が要請された2月は、同5.5%増と拡大に転じた。続く3月も同7.4%増と高い伸びを示した。「これまでは前年実績を維持するのがやっとだったのに、急に売り上げが増えて戸惑っている」と、あるスーパーの首脳は語る。

富裕層ほどまとめ買い