JR東海が7月から営業運転を開始する新型新幹線N700S(撮影:梅谷秀司)

人の移動が止まったことは鉄道にも大打撃だ。JR本州3社(JR東日本、JR東海、JR西日本)の2019年度決算はいずれも大幅な減益だった。JR東日本の営業利益は前期比22%減の3808億円。東日本大震災が起きた10年度でも営業利益は0.1%増と持ちこたえていただけに、新型コロナウイルスの影響は東日本大震災以上といえる。JR東海とJR西日本の営業利益もそれぞれ8%減の6561億円、18%減の1606億円と低迷した。

20年度の業績予想は3社とも「未定」としている。だが、19年度より厳しい決算となるのは間違いない。4月7日の緊急事態宣言発出以降、都市圏における通勤や買い物などによる鉄道利用は7〜8割減った。出張や観光目的の利用者が多い新幹線はさらに厳しく、9割近く減っている。

各社の1日当たりの運輸収入はJR東日本が約50億円、JR東海が約38億円、JR西日本が約24億円。仮に利用者が通常の8割減となれば、JR東日本で1日当たり約40億円の減収となる。この状態が2カ月続けば、通常時に比べ収入は2400億円も減少する。