やなせ・こうじ 1967年生まれ。関西学院大学では野球部の主将を務めた。90年サカタインクス入社、92年シークス設立とともに同社に移る。長くシンガポールに駐在、欧州担当役員を経て、2020年3月社長就任。
新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界の製造業が多大な影響を受けている。電子機器の受託製造(EMS)国内トップのシークスは、欧米アジアに12の工場を持ち、車載向けを中心に、おもちゃから産業機器向けまで幅広い電装部品を生産している。3月に就任した柳瀬晃治社長に今後の生産の見通しやコロナ後の戦略を聞いた。

──当初は中国3拠点(広東省東莞市・上海・湖北省孝感市)が影響を受けました。生産の現状は?

中国はほぼ正常化した。現在は1〜2カ月の遅れを必死で取り戻している。アジアのほかの拠点では、フィリピンで要員を集められず、4月は約3割稼働だった。

中国は統制が取れているから再開も早い。サプライチェーンで問題なのがフィリピンとマレーシアだ。電子部品メーカーが集積しており、部品不足に陥っている。航空物流の停滞も痛い。貨物便は飛んでいるが、旅客便を使って運ぶ部品も多い。運賃も上がっており、今後のネックになるかもしれない。