(撮影:尾形文繁)

「いまだかつて経験したことがないイベントリスクだ」。日本航空(JAL)の菊山英樹専務執行役員は、新型コロナウイルスの影響が直撃した2020年1〜3月期を硬い表情で振り返った。

大幅な減便でこの3カ月間の売上高は前年同期比21%も減り、営業損益は195億円の赤字に陥った。エアラインビジネスは人件費や機材関連費などの固定費が営業費用に占める比率が高いため、売り上げが急減すると収益が大きく悪化する。20年3月期通期でみても売上高は前期比5%減の1兆4112億円、営業利益は同43%減の1006億円に落ち込んだ。

ANAホールディングスも20年3月期の売上高は前期比4%減の1兆9742億円、営業利益は同63%減の608億円に沈んだ。

21年3月期の業績予想は、2社とも新型コロナの収束時期が見通せないため未定としている。ただ、業界団体である国際航空運送協会は、20年の航空旅客収入が19年より55%ほど減ると見込んでいる。