(YNS/PIXTA)
週刊東洋経済 2020年5/23号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

倒産が急増している。3月の全国企業倒産は740件、前年同月比12%増(東京商工リサーチ調べ)。新型コロナウイルス関連の経営破綻が増えており、その数は5月7日までの判明分で120件に及ぶ。

直撃しているのが宿泊・ホテル関連だ。以下、飲食店運営やアパレル関連など、インバウンド需要依存度の高い業種と個人消費関連の業種で経営破綻が目立つ。

政府による緊急事態宣言は5月末まで延長された。休業要請を受け入れている企業の手元資金は乏しい。支援策が出ても、新たな負債の返済に耐えられない経営者は廃業を選択する。今後、経営破綻は一段と増えるだろう。