原油価格暴落に見舞われるサウジアラビア国営石油会社の製油所(ロイター/アフロ)

4月20日に史上初のマイナス価格(1バレル当たりマイナス37.63ドル)をつけたニューヨーク原油先物価格(WTI)は、OPEC(石油輸出国機構)およびロシアなどOPEC非加盟産油国(合わせてOPECプラスと総称)による協調減産の開始を背景に、5月に入って20ドル台に値を戻している。

とはいえ、新型コロナウイルス感染拡大による原油需要落ち込みの影響は大きく、巨大な需給ギャップを抱えたまま、原油在庫が積み上がる状況が続いている。

5月1日に始まったOPECプラスの協調減産では、6月30日までの2カ月にわたり、日量970万バレルの原油生産量を削減する。「OPECプラス各国の減産率は一律23%(メキシコは6%)」(石油エコノミスト)とされており、過去にない規模だ。さらに、米国などOPECプラスに含まれない国での減少分も上乗せされる。