駿河湾に面し、狩野川が流れる沼津市街。沼地が多く地盤が軟弱という悩みを抱える(提供:沼津市)

静岡県沼津市は伊豆半島の付け根にある人口約19万4000人の街である。沼津は江戸時代、駿河国・沼津城の城下町であったが、東海道の宿場があったこと、伊豆への入り口に位置したこと、また良好な港である沼津港を擁したことなどから、城下町としてよりも交通の要衝かつ商業の街としての色合いの濃い街だった。

明治期になると温暖な気候と首都東京との地理的な近さで人気となり、華族や財界人、芸術家・作家などが週末滞在用の瀟洒(しょうしゃ)な家を建て、別荘地としても発展した。今ではあまり知られていないが、皇室も1893年から1969年までここに御用邸を所有していた。

沼津にはJR東海道本線が走る。今でも沼津駅を始発に東京駅を経て宇都宮線の古河や小金井、宇都宮などまで直通運転されている。またJR御殿場線は沼津駅を起点に御殿場を経由して東海道線国府津駅に至る。道路事情も悪くない。東名高速道路、新東名高速道路、国道1号が市を東西に横切る。