新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、大学が危機に直面している。

多くの大学が学生の構内への立ち入りを禁止、もしくは厳しく制限している。〈キャンパスが使えなくなり、オンライン授業を準備する大学が増えている。(4月)10日時点の文部科学省の調査によると、全国の大学(短大を含む)の48%が「様々なメディアを使った遠隔授業を実施する」と回答。「検討中」も36%あった。/東京大(東京都文京区)は3日、独自に活動制限指針を発表。7日に最高の「レベル4」に次ぐ「レベル3」に引き上げ、キャンパスへの学生の立ち入りをほぼ禁止した。一方、4月上旬から始めたオンライン授業は続けている。学生は、テレビ会議システムや録画された動画などで受講している。/法政大(東京都千代田区)も学生の入構を禁止し、21日から全授業をオンラインで開始することをめざし、システムを増強している。同時にアクセスできる人数を現状の1500人から1万人に引き上げる。操作が不慣れな教員にはオンライン研修も用意した〉(4月19日付「朝日新聞デジタル」)。

筆者も、京都の同志社大学神学部と大学院神学研究科の学生を教えている。同志社大学は4月初めに、7月18日までの講義はオンラインで行うことを決めた。筆者の担当科目は単位にならない特別講義なので、対面での講義は可能な状況になったときに集中的に行うことにし、現在は最低週1回、3時間程度のオンライン講義を行っている。神学は人生の意味や死について取り扱う学問だ。新型コロナウイルス禍は神学にとって重要なテーマなので、学生たちは真剣に課題に取り組んでいる。真理は具体的なので、4月16日の遠隔講義について説明する。もっとも神学の専門分野は読者になじみがないので、教養問題に関する議論を紹介する。3月29日に筆者は、次のような課題を受講生に与えた。〈新型コロナウイルスの問題は、神学的にもとても重要です。別途郵送した、