市場参加者のほうが評論家よりも賢いのだろうか(写真:REUTERS/Jeenah Moon)

筆者は金融市場の研究に40年近く費やしてきた。あいかわらず金融市場は目まぐるしく、複雑で、魅力的であると感じている。

この記事の執筆時点で、株価指数「S&P 500」の4月27日の終値は2878だった。これは過去6週間で最高の終値だ。COVID-19パンデミックの直前に達した過去最高値を15%弱下回ってはいるものの、3月の最低値を約30%も上回っている。

この堅調な株価指数は、米国経済が大恐慌以来見たことがない規模で後退に向かうことを示す証拠の増加に真っ向から背いているようにみえる。なぜ米国の株式市場(およびその他の多くの市場)は堅調なのか。これまでもたびたびそうであったように、市場参加者のほうが評論家よりも賢いのだろうか。