現代経済学の直観的方法(長沼伸一郎 著/講談社/2400円+税/458ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
[Profile] ながぬま・しんいちろう 1961年東京生まれ。早稲田大学理工学部応用物理学科卒業後、同大学理工学部大学院中退。87年、自費出版書『物理数学の直観的方法』によって、理系世界に一躍名を知られる。その後も組織には属さず仲間と研究生活を送っている。

1987年、当時26歳の青年が自費出版した本が大きな評判を呼んだ。著者は大学院を中退したばかりの物理学徒で、「100部も売れれば奇跡」と出した本が、一部の大手書店では一般文芸書を抜いてベストセラーになるほど売れた。この『物理数学の直観的方法』はその後、講談社ブルーバックスに収められ、現在も版を重ねている。

著者の手法は、難解な概念の核心部分を、大胆なイメージ化によって直観的に理解させるというものだ。ベクトル解析やフーリエ変換といった数学の「難所」につまずいた学生たちから「目からウロコが落ちた」「初めて腑に落ちた」と絶賛の声が相次いだというのもうなずける。その手法を経済学に応用した本が書かれたと聞けば、これはもう読まないわけにはいかない。

一読して驚嘆! そして興奮! これは経済学を学ぶ人々に向けて書かれた本の中でも最良の一冊ではないか。『物理数学の直観的方法』同様、経済学でつまずいていた所がクリアに理解できる。まるで魔法にかけられたようだ。