人影が消えたNYのタイムズスクエア周辺。NYの医療崩壊は深刻だ(AFP/アフロ)

新型コロナウイルスによる死者が4万人を超え、世界で最多となっている米国。史上初めて全土50州で災害宣言が出され、この1カ月で約2200万人が失業保険を申請するなど、計り知れないダメージを受けている。

ニューヨーク(NY)州の死者は1万人を超えた。クオモ知事は4月12日の会見で「米同時多発テロを超えるほどの悲劇だ」と述べた。4月19日には1日当たりの死者が、4月2日以来で初めて500人を割り込んだが、依然として深刻な状況であることには変わりない。

コロナショックが浮き彫りにしたのは、米国の格差や分断だ。

米中西部のイリノイ州は4月10日、黒人の全体的な死亡率は白人の5倍も高いことを明らかにした。同州の公衆衛生担当責任者は会見で「アフリカ系米国人はもともと心臓病や脳卒中、がんなどの罹患(りかん)率が高い。加えて感染リスクが高い仕事に従事しており、無保険者が多いことなどが死亡率の格差につながっている」と話した。

アダムス公衆衛生局長官も同日、「有色人種の人々は慢性的な健康への負担が原因で合併症を起こす可能性は高い」と発言。政権は新型コロナウイルスに関する検査・治療の自己負担免除を決めたが、2750万人とされる米国の無保険者が医療弱者であることを、改めて示す形となった。

顕在化するホームレス