新型コロナの直径は約100ナノメートル(0.0001ミリメートル)(Science Source/アフロ)

Q 新型コロナウイルスはどんなウイルス? どんな動物から広がったのか。

A ヒトに感染するコロナウイルスは7種類あり、そのうち4種類は日常的にヒトに感染し、風邪の原因の10~15%を占めている。感染しても軽症だ。

一方、重症の肺炎を引き起こすウイルスは3種類。SARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルスと、MERS(中東呼吸器症候群)ウイルス、そして新型コロナウイルスだ。3つはもともと、ヒト以外の動物を宿主としていた。

SARSは2002年に中国・広東省で発生し、世界で8000人を超える感染者を出した。致死率は約9%。コウモリ(あるいはハクビシン)のウイルスがヒトに感染し、そこからヒトの間で広がった。

MERSは12年、サウジアラビアを中心に中東地域で発生し、2000人以上が感染した。統計上の致死率は30%を超えるが、潜在的な感染者の多いことが抗体検査によってわかっており、それを勘案すると致死率はもっと下がる。このウイルスはヒトコブラクダを宿主にしていた。

新型コロナの致死率は医療体制の違いなどにより各国で違いはあるが、現時点では5~6%程度とみられている。今のところ、宿主動物は不明だ。ただしコウモリの持つコロナウイルスに遺伝子的に近いことがわかっており、コウモリがもともとの宿主である可能性は高いと考えられている。コウモリから直接ヒトが感染したのか、あるいはほかの中間宿主がいて、その中間宿主からの感染が起こったのかは不明である。

Q 感染するとどのような症状が出るのか。インフルエンザとの違いは?