しぶや・けんじ WHO(世界保健機関)の事務局長上級顧問。東京大学教授を経て、現在、英キングス・カレッジ・ロンドン教授。(オンライン取材時に撮影)
週刊東洋経済 2020年5/2-5/9合併号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

政府は緊急事態宣言の全国拡大に踏み切った。ウイルスとの戦いはいつまで続くのか。長期化した場合、出口戦略をいかに取るべきか。公衆衛生の専門家で、WHO(世界保健機関)の事務局長上級顧問を務める渋谷健司・英キングス・カレッジ・ロンドン教授に4月17日、話を聞いた。

──集団感染を追跡して潰すクラスター対策は、日本独自の方法です。どれほど効果を上げていますか。