週刊東洋経済 2020年5/2-5/9合併号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
シールドで密封された担架によって運ばれる韓国の患者(Chung Sung-Jun)

巨大な災厄に世界が震撼している。

新型コロナウイルス感染による世界の死者は4月21日時点で17万人を超えた。死者が最も多いのは4万人超の米国。2万人を超えているイタリア、スペイン、フランスがそれに続く。対して日本の死者は21日時点で263人。感染者数も1万人強である。

欧米諸国と比べ、封じ込めに成功しているようにも見える。しかし、先行きは楽観できない。厚生労働省クラスター対策班の西浦博・北海道大学教授は「何も対策を打たなければ15歳以上の重症者は85万人を超え、そのうち約40万人が死亡」という厳しいシナリオをあえて提示した。

最悪のシナリオに至らないまでも、医療現場は厳しい現実に直面している。重症患者が増える中で、感染を防ぐ防護服、医療用マスク、ICU(集中治療室)、人工呼吸器が不足している。そして何より医療スタッフが足りない。医療崩壊が起きかねない状況だ。

本特集では、日本の医療現場の実情と、世界におけるコロナ制圧戦争の最前線を見ていく。

プラス会員(有料)にお申し込みいただくと
下記のサービスがご利用いただけます。
  • 『週刊東洋経済』の最新号を先読みできる
  • 1000冊以上の豊富なアーカイブを読める
  • 雑誌誌面のイメージでも記事を読める
  • 限定セミナーにご招待