ささき・とおる 2015年6月から現職。03年4月からJPモルガン・チェース銀行でFXストラテジストとして金融市場を調査・分析。その前は日本銀行に勤務、調査統計局などを経て、国際局(当時)為替課で為替市場介入を担当、ニューヨークで米国金融市場分析も担当した。(撮影:今 祥雄)

筆者のテレワークも1カ月が経ち、もはやこうした働き方を普通のことと感じ始めている。もちろん会社で仕事をするのに比べると若干不便で、最初はフラストレーションを感じたりもしたが、今ではそうした環境自体に慣れ始めている。

今回の新型コロナウイルス感染拡大が社会や経済に与える影響がGFC(Great Financial Crisis、リーマンショック)を超えるものとなるのは確実だろう。JPモルガンは2020年の世界全体の実質GDP(国内総生産)成長率がマイナス4.7%まで落ち込むと予想している。GFC時の09年はマイナス1.8%だったので、3倍近いマイナス幅だ。

新型コロナウイルス感染拡大はいずれ収束するであろう。しかし今回の世界経済への打撃は、今後の世界の経済環境、人々の働き方や価値観、生活習慣に対して甚大な影響を与えるものとなるのではないかと思う。