もとや・ふみこ 1947年生まれ。福井県立藤島高校を卒業後、福井信用金庫に入社。71年、夫の元谷外志雄氏が起業した信金開発(現アパ)に入社。94年から現職。アパグループ代表の外志雄氏と夫婦でホテル事業を指揮。自らを広告塔としたプロモーションを展開。(撮影:尾形文繁)

怒涛の出店攻勢をかけ、提携ホテルを含めた客室数が10万室を突破したビジネスホテルチェーンのアパホテル。状況が一変した市場をどう見ているのか、元谷芙美子社長に聞いた。

──ホテル業界の現状は?

2月までそれほど大きなダメージはなかったが、3月に入ってからお客さんが半減した。新型コロナウイルスの影響が発生するまで、都心には100%近い客室稼働率のホテルもあったが、3月の客室稼働率は平均で約50%になった。観光業界は大打撃を受けている。アパを創業して以来、ここまで厳しいことはなかった。

東京オリンピックの延期も痛手で、期間中に関係者から受けていた約3万6000室分の予約がキャンセルになってしまった。

──アパはどのような対策をとっていますか。