いつもはにぎわうワイキキビーチがこれほど閑散とするのは珍しい(撮影:アヒ・ポキ)

ハワイの人々が新型コロナウイルスの感染に意識を持ち始めたのは2月下旬のことだ。3月に入ると「ホノルルフェスティバル」やフラの祭典「メリーモナーク」などのビッグイベントが相次いで中止となり、事態を重く受け止める人も増え始めた。

3月17日には感染者がまだ50人未満にもかかわらず、ハワイ州のデービッド・イゲ知事が30日間の渡航自粛を要請。観光客で人々の生活が成り立っているハワイで、知事が「観光客はハワイに来ないでほしい」とのメッセージを出したことに誰もが驚いた。

翌週の24日には、自宅待機令が出され、4月30日までの間、不要不急の外出は禁止、在宅勤務が求められることとなった。観光客はホテルなどの滞在先にとどまることになる。病院、買い物、銀行など生活に必要な外出は認められているが、自宅待機令発出後は、地元大手銀行のセントラルパシフィックバンクが、支店のいくつかを休業にした。