銀座三越や松屋、ユニクロなどが店を構える銀座エリアは、今や人影がまばら(撮影:尾形文繁)

「あまりにひどくて笑っちゃうくらいだよ」。東京・銀座でホテルを運営するある企業の役員は、投げやりにそう言った。

多くの人でにぎわいを見せていた銀座は今、観光客が「蒸発」している。エリアを象徴する時計塔で有名な和光本館前も、数カ月前までは歩くのにも苦労するほどの混雑だったが、現在は閑散としている。

銀座に構えるホテルでは、3月末から足元にかけての売り上げが前年同期比で10分の1に落ち込んだところもあるという。3月に小池百合子東京都知事が週末の外出自粛を要請して以降、客足がいっそう遠のいている。

新型コロナウイルスの影響は甚大で、3月19日に日本政府観光局(JNTO)が発表した2020年2月の外国人観光客数は108万5000人と、前年同月比で58.3%減だった。東日本大震災直後、11年4月の同62.5%減に次ぐ、記録的な減少となった。