新型コロナウイルスの感染拡大が問題になって以降、さまざまな商品が店頭から消えた。

深刻な品不足となったのはマスクだ。日本政府による増産要請で供給能力は拡大しているはずだが、現在も入手困難が続く。一時期はトイレットペーパーの商品棚も空になり、外出自粛要請が出た際には食料品がなくなった。消費者が「買いだめ」に走ったからだ。

メディアがこうした様子を報じた結果、不安に駆られた消費者が店舗に殺到した。密閉、密集、密接の「3密」を避けるための外出自粛のはずが、行列による感染リスクを高める結果となった。

政府や業界団体は十分な食料は確保しているとして「冷静な買い物」を呼びかけるが、パニックを起こした消費者にその声は届かない。買いだめに対してネットで辛辣な言葉が浴びせられ、テレビのコメンテーターは上から目線でお説教する。