資金力に乏しい個人投資家が「アクティビスト」のまねをするのは難しい。巨額の資金で標的企業の株式を大量取得し対話にこぎ着けることが難しいからだ。

だが足元では、個人投資家がアクティビストの活動に便乗できるようにするサービスや、個人の資金を集めてアクティビストファンドとして運用する事業が始まっている。

ネット証券大手の松井証券は、4月10日から個人投資家向けに、大口投資家の動きを簡単に追跡できる情報ツールの提供を始めた。

「アクティビスト追跡ツール」と銘打ったこのサービス。最大の特徴は、大口の投資家が株式を大量に買ったタイミングや、カラ売りした際の残高を、株価の推移と一緒にわかりやすく表示できることだ。

表示例を見ると、村上ファンド系のレノがレオパレス21の株式を取得(画面上では▽で表示)した後に、株価が上昇したことが直感的にわかるようになっている(下画像)。

松井証券が提供する「アクティビスト追跡ツール」の実際の画面

個人にも門戸を開く