独自開発した共用設備(提供:JTOWER)

【上場日(市場)】2019年12月18日(東証マザーズ)
 【設立】2012年6月15日
 【本社所在地】東京都港区赤坂
 【代表者(年齢)】田中敦史社長(45)
 【事業内容】通信キャリア各社の屋内通信設備の構築を、独自開発の共用設備で一本化する「インフラシェアリング」を展開。屋外の鉄塔などでも設備の共用化を進めている
 【売上高】13.7億円
 【営業利益】▲1.6億円(19年3月期)
 【公開価格】1600円
 【直近株価】3365円(4月7日)

高級ブティックや飲食店が入る東京・銀座の大型商業施設「GINZA SIX」。華やかな店内の見えないところで使われているのが、昨年12月に東証マザーズに上場したJTOWERの技術だ。

例えば天井裏に置かれた携帯通信用のアンテナなどは、同社が整備したもの。こうした大型商業施設など延べ床面積1万平方㍍超の建物では、奥まで電波を届けるために屋内にも基地局が必要で、携帯通信各社が個別に設置している。