東芝が4月3日、東京証券取引所に対し、1部への指定申請を行った。3カ月から半年後には東証1部に復帰する見通しだ。

東芝は米国での原子力事業で1兆円以上の損失を計上し、2017年3月期に債務超過に転落。同年8月に2部降格となった。以来、1部復帰は東芝の念願だった。

財界総理も出した名門のプライドが傷つけられるのみならず、投資対象から外れることが多いため株価が上がりにくいという実害もある。まして、17年の増資によって海外の「物言うファンド」が数多く東芝の株主になっている。

本来であれば、22年まで昇格の望みはなかった。1部指定基準に「5年間の有価証券報告書に監査法人から『適正意見』を得ていること」があったからだ。が、東証は今年2月、この期間を2年に短縮した。

またも東芝を特別扱いするのか──そんな声が聞こえてきそうだ。