習近平主席は「英明な指導者」を演じ切った。3月26日、G20首脳のテレビ会議に臨む習氏(新華社/ アフロ)

日本の指導者なら、まずは「お詫び」から始めたであろう。3月26日に開かれた、新型コロナウイルスの拡散に関するG20(20カ国・地域)首脳のテレビ会議。だが習近平国家主席は、それが武漢から広まったことを気にするそぶりは見せなかった。むしろ新型コロナを全人類共通の敵と位置づけ、それを克服するための国際的な大団結の先頭に立つ意欲を表明。さらに、WHO(世界保健機関)の下での広範な医療協力を訴え、産業チェーンの保護や輸出・対外投資の拡大といった経済政策を打ち出し、世界の安定に積極的に貢献する強い意志を示した。

武漢の街が新型コロナで封鎖された頃、日本には、中国で習近平批判が高まり、その政権基盤が危うくなるだろう、という読みがあった。しかし実際に起きたのは、その正反対の現象であった。

中国の常だが、初動の遅れは今回も地方幹部の責任にされた。そして習近平は、まるで時代劇の主人公のように、たるんだ地方幹部を成敗し、医療隊など「英雄」たちを率いてウイルスとの戦「疫」を戦い抜く英明な指導者の役割を演じ切った。

中国革命以来の、宣伝工作に長けた中国共産党の伝統は健在である。未知のウイルス出現のホラーストーリーは、国家が一丸となってその恐怖に打ち勝つ国民団結の物語へと短期間で書き換えられた。さらに中国のメディアは、米国や欧州の死者数が中国を上回ったことを誇らしげに報じ、そうした国々ですら防げなかった感染症を効率的に克服できたと、自国の政治体制を称賛する。

実際には、中国共産党が先進技術を駆使して人の移動を制限したため、多くの人にはそれに従う以外の選択肢がなかった。また、中国の感染者数や死亡者数が、本当に政府の公表どおりなのかどうかはかなり疑わしい。