ボーイングなどは米政府などに600億ドルの支援を求めている(AP/アフロ)

世界最大の航空機メーカー、米ボーイングが経営危機にあえいでいる。主力の小型旅客機「737MAX」が2018~19年に相次いで墜落事故を起こし、運航停止に追い込まれたことを引き金に業績が悪化。新型コロナウイルスの感染拡大もあり、ボーイングなどは米政府などに総額600億ドルの支援を求めた。

ボーイングの19年12月期決算は売上高が前期比24%減の766億ドル、純損失は6億3600万ドルとなり、1997年以来の最終赤字となった。同期末は83億ドルもの債務超過に陥った。

最大の理由は737MAXの運航停止だ。18年にインドネシアで、19年にはエチオピアで墜落事故を起こし、それぞれ乗員乗客全員が死亡する大惨事となった。同機は全世界で運航を停止し、これに対する航空会社への補償金も重荷になっている。