4月9日に80歳となる小林研一郎。そのエネルギッシュな指揮ぶりは健在だ

「炎のコバケン」こと指揮者の小林研一郎が4月9日、80歳(傘寿)の誕生日を迎える。すっかりおなじみとなった愛称は、火山の噴火をも思わせる熱量の多い独特のエネルギッシュな指揮ぶりと、そこから生み出される情熱的な音楽に由来する。5歳年上の小澤征爾ともども、日本のクラシック界を牽引してきたこの世代のパワフルさには脱帽だ。

1940年福島県生まれで、9歳のときにラジオで聴いたベートーヴェンの交響曲第9番(通称「第九」)に感動して音楽家を志す。東京藝術大学音楽学部作曲科と指揮科を卒業後、74年の第1回ブダペスト国際指揮者コンクールで優勝。これが今に至る華々しいキャリアのスタートとなった。