鳥取県は最も「横長」の県である。東西長約125キロメートルに対して南北長は約62キロメートルしかない。南北長で東西長を割ると約2.02。これは全国47都道府県の中で最も横(東西)に細長い県だということを示す。ちなみに南北長の割合が最も高い「縦長」の県は鹿児島県である。

そんな横長の県である鳥取県は、東部と西部に街が分散している。東部は旧因幡(いなば)国に当たり、地域の中心は県庁所在地でもある鳥取市(人口約18万7000人)だ。中西部は旧伯耆(ほうき)国に当たり、中部の中心都市が倉吉市(人口約4万7000人)、そして西部の中心都市が米子市となる。人口約14万8000人、行政機関が集まる鳥取市と異なり、江戸時代から商業都市として栄えてきた。日野川が流れる米子平野を擁し、北で美保湾、西で中海に接する。南部には大山(だいせん)から連なる丘陵地帯が形成されている。

大山から続く丘陵地帯の向こうに米子平野が広がり、美保湾に面する弓ヶ浜は美しい曲線を描く(PIXTA)