安倍政権は教育再生実行会議を立ち上げ教育改革を進めているが…(時事)

公立学校教員の平均時間外勤務は小学校で月約59時間、中学校で月約81時間。各3割、6割が過労死ラインを超えて働いている──。

2017年4月に文部科学省が公表した16年度教員勤務実態調査結果は、教育界に大きな衝撃を与えた。部活動が多い中学校はもとより、小学校でも危機が進んでいることがわかったからだ。

背景には、社会の動向に応じた教育改革が進められる一方、少子化の進行と国・地方の財政難というダブルパンチで、学校現場の改善が進まなかったことがある。

教育の質は、教員の数によっても左右される。国の政策もこの教員数の多寡が議論の中心だ。