なかぞら・まな 1991年慶応義塾大学経済学部卒業、野村総合研究所に入社。97年野村アセットマネジメントでクレジットアナリストに。社債や国債を分析。モルガン・スタンレー証券、JPモルガン証券を経て、2008年10月からBNPパリバ証券クレジット調査部長。11年から現職。(撮影:尾形文繁)

格付けは3~5年先の債務返済の確からしさについての格付け会社の意見である。トリプルAからシングルCあたりまで20段階以上に分類してシンボリックに表示するため、わかりやすい。投資ガイドラインの一部として広く使われ、金融市場になくてはならないツールとなっている。

格付けは平常時に問題になることは少なく、非常時には話題になりやすい。しかも、いったん格下げされると、資金調達コストが上昇するうえ、それが当該企業の資金繰りをより難しくする。悪循環が始まったときの格下げは始末が悪い。

キャッシュフロー重視?

筆者は信用分析を長年行ってきたが、いまだに謎がある。キャッシュフローを重視してつけられた格付けが散見されることである。財務内容がどうであれ、①営業キャッシュフローが潤沢、②擬似的なキャッシュフロー(株など)を潤沢に保有、③債券市場につねにアクセス可能、の3点を満たすか、どれかが突出している場合には、比較的高い格付けがなされてきた。