今年2月の決算会見で、ソフトバンクグループが最も重視する指標は「株主価値」だと強調していた孫正義社長(撮影:尾形文繁)

ソフトバンクグループ(SBG)が格下げを受けて憤激した。

3月25日、格付け会社のムーディーズ・ジャパンがSBGの格付けをBa1からBa3へと一気に2段階引き下げた。Baは「投機的と判断され、相当の信用リスクがある債務」への格付けである。

大幅な格下げは、社債発行の利率上昇で調達コストがかさんだり、投資家によっては社債購入を敬遠したりするなど、資金調達に悪影響を及ぼす。

ムーディーズが格下げのリリースをホームページに掲載したのは3月25日18時42分。その8分後、SBGが「ムーディーズの格付けの取下げについて」と題した“怒りのリリース”を公表した。

きっかけは2日前の23日、SBGが自己株取得と負債削減のために、最大4.5兆円の保有資産売却・資金化(資産売却プログラム)を発表したことだった。