「日本おやじの会連絡会」が年1回開く「全国おやじサミット」(共同通信)

PTAをやるのは昔から9割以上が母親だ。父親は会長か次期会長ポストの副会長くらいしか見かけない。

そこでつくられたのが父親たちからなる「おやじの会」だ。現在、全国に4000〜5000ほど存在するとされ、親子で遊ぶイベントや、運動会の自転車整理など力仕事を引き受けるところが多い。加入や活動の強制が当たり前のPTAとは異なり、あくまで希望者が参加する形で、会員数は各校で数人〜30人程度だ。

育児を自ら引き受けようという父親たち。大いに評価されているかと思いきや、実はそうとはいいがたい。PTAで苦労する人たちはおやじの会を冷ややかな目で見ている。

「PTAで苦しむ母親たちを尻目に自由に活動して、飲み歩いている」「母親たちがPTA役員を押し付け合うのを見下して、ひとごとでいるのが嫌い」「性別役割分業意識丸出しの自己陶酔感が苦手」。いずれもPTA役員を経験した母親、父親らの声だ。読んでショックを受けた「おやじ」もいるかもしれない。