きな・ともひろ 東京学芸大学附属大泉小学校、町田市教育委員会などを経て、2017年度から明治小学校統括校長。19年5月から全国連合小学校長会会長。(撮影:今井康一)

新学習指導要領の全面実施により、小学校の現場はどう変わるのか。日々の学校運営を通して認識している課題は何か。全国連合小学校長会会長を務める、江東区立明治小学校の喜名朝博・統括校長に話を聞いた。

──新学習指導要領の内容をどのように受け止めていますか。

これまでの学習指導要領改訂は学習内容の中身の増減に関するものが中心だった。今回の改訂はそれが少なく、理念が大きく変わっている。変化していく社会に対応できるよう、自ら学び続けていく資質、能力を養うというものだ。

──新学習指導要領を実施するうえでのポイントは何でしょうか。