テスト採点や保護者対応など教員の仕事は盛りだくさんだ(時事)

小学校教員の朝は早い。神奈川県内の教員、前田宏樹さん(30代・仮名)は午前7時にはバイクで出勤する。最寄り駅から学校まで徒歩10分なのに、なぜバイク? 「荷物が重いからですよ」と、前田さんは言う。

かばんの中にはクラス全員分のテストや宿題。重さは5キロ近い。子どもの名前が書かれた書類を持ち帰ることには不安もあるが、前田さんは「自宅での残業が前提になっている仕事量がおかしい。この大荷物がなければ、バイクなんて買っていません」と話す。

教室に着くと、テストの採点の続きや連絡帳のコメント書きに取りかかる。授業が始まれば、児童が下校する午後3時すぎまでトイレにはまず行けない。図工や家庭科は空き時間かと思いきや、その間は教務や防災、広報など「学校運営」に関わる事務仕事をこなす。

放課後は、けんかをした児童のフォローや欠席児童の保護者への連絡に追われるうちに職員会議が始まる。続いて研究授業に関する協議や学年会議。学級通信の作成や翌日の授業準備に手をつけられるのは、午後6時を過ぎてからだ。「退勤が夜8時、9時になるのはざら。自宅での残業もある」。

日本教職員組合の2019年調査では、学校内での平日の勤務時間が1日平均「12時間以上」の小学校教員は34.8%。時間外労働に換算すると月80時間超で、「過労死ライン」に相当する水準だ。平均勤務時間も増加傾向で、この9年で42分増えた(下表)。前田さんは「トイレに行けないので、膀胱炎は職業病」と訴える。