新型コロナウイルスが世界に拡散する中、日本のすぐ近くに「感染者なし」と豪語する国がある。北朝鮮のことだ。

豪語するに飽き足らず、3月に入って4回、短距離弾道ミサイルと思われる飛翔体を発射した。日本では、新型コロナウイルスの拡散で北朝鮮国内も動揺しており、体制引き締めの意味で発射したのだという指摘が出ている。

北朝鮮は1月下旬に国境を封鎖。2月に入り、内・外国人を問わず、外国からの帰国者を隔離する措置を執った。3月初頭、北朝鮮の労働新聞は「7000人の医学的監視対象者がいる」と報道。同27日には「国家非常防疫事業総括会議」が開催され、全国で約2280人の医学的監視対象者に対し、検診などを行っていると朝鮮中央放送が報道している。